竜に変身して強敵を倒すーブレスオブファイアⅢー

このタイトルは、PS1にてリリースされたのち、PSPにてリメイクされた王道ストーリー型のRPGです。
主人公は前作までとおなじみの「リュウ」、ヒロインも同じく「ニーナ」という名前をデフォルト設定にしてあります。
主人公たちは身近な騒動からめぐり合い、少しずつ自体は大規模化し、最終的には世界の存亡をかけた戦いへとつながっていきます。
キャラクターの育成方法は純粋なレベル上げの他、「師匠」の下について戦闘を重ねることで得られる技などもあります。
一部のスキルは非常に強力ですが、ステータス成長率にも関わってくる為、キャラクターごとに役割を明確に決めて師事させる必要があります。
中には師事できるようになってから10時間程度かかるものもありますが、修練の果てに得られる技は非常に強力なものが揃っていて魅力あるものとなっています。
戦闘はコマンド選択式となっているため、それほどあせる必要もありませんが、育て方次第では多少シビアな判断を要求されることもあるでしょう。
もし、PSPでこのタイトルを遊ばれていない方は、試しに手に取られてみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

スカイリム やっと入手したウェアウルフだが

私はスカイリムを購入する際にウェアウルフに変身できるのはとても魅力的でした。そしてスカイリムを購入し、ウェアウルフに変身する能力を入手しました。ハーシーンの指輪と呼ばれている呪いの指輪を装備する事で好きな時に変身できます。しかし変身する瞬間を目撃された場合は賞金首になります。なので洞窟や遺跡などが使いやすいです。敵に関しては見られても問題ありません。そして私はある遺跡のダンジョンで盗賊の親玉と戦闘になり、このままではやられると思い、ウェアウルフに変身しました。これで勝てると思っていました。ところがまさかの変身している最中に盗賊達から猛攻撃を受けてしまい、変身完了後には瀕死でした。なんとか勝ちましたが、ウェアウルフはそれ以降はほとんど使っていません。ステータスで177時間近くやりこんでおり、ウェアウルフに変身した回数はたったの3回でした。なんか違うような感じでしたが、もう少し使っても良いかもしれません。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

初めてのDSでRPG

DSで初めてやったゲームは「ドラゴンクエストモンスターズジョーカー」でした。
このソフトは友人からのお勧めで購入しました。
今までドラクエといえば普通のRPGしか知りませんでしたが、DQMJはモンスターを育てていくという私にとって初めてのシステムでした。

多分、ドラクエシリーズのどれかを一度プレイしていればモンスターの種類で戸惑うことはないかと思います。
私はドラクエⅠしかプレイしていなかったため、モンスターの豊富さに驚きましたが、すぐに慣れました。

私一人の力では攻略することが少し難しかったのと、強いモンスターを作るための参考に攻略本を買ってプレイしました。
モンスターの組み合わせで新たに生まれるモンスターの強さ等に影響されるので、それを調べるのが大変でしたが楽しい作業でもありました。
最終的にSSランクのモンスターを半分くらい所持していて、ラスボスは倒せたものの、裏ボスは倒すことができませんでした。
SSランクのモンスターを3体連れて行っても適わなかったです。

ドラクエシリーズが好きな人ははまるゲームだと思います。
グランドハーレム http://www.qixialvyou.com/

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

音ゲーで初めてハマった

私の今までプレイしてきたゲームのジャンルで、一番やらないのが音ゲーです。ゲームセンターだとよく目立ち、下手だと恥ずかしいというのがあるからかも知れません。そんな中でハマってしまったのがドラムマニアシリーズでした。

早朝にゲームの置いてあるドライブインに寄った時、たまたま周りに人がいなかったのでプレイしたのがキッカケだったと思います。筐体にはパッドが5つにペダルが1つあり、全然やれそうな雰囲気はないのですが、いざやってみるととても楽しいものでした。収録曲にはオリジナルと邦楽・洋楽があり、オリジナルは普通に音ゲーとして楽しめ、邦楽・洋楽は実際のドラムが叩けている気分になれます。

何回かそのドライブインに早朝に行っては練習していましたが、PS2で発売されている事を知り専用コントローラーと一緒に即買いしてしまいました。こうして家で練習してはゲームセンターでアーケード版に挑むというパターンでどんどんハマっていったのでした。

こういうタイプのゲームが実際の楽器を始めるきっかけになる人もいると思うので、疑似体験できるツールとしても良いものだと思います。

パズドル パズル&ドールズ

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

スーパーマリオブラザーズの思い出

スーパーマリオブラザーズと言えば、いまでは誰もが知っているほどの国民的、世界的に有名なゲームです。初代の売り上げはいまだにゲーム史上一位の記録を持っており、一生破られることのない記録だと思います。
自分は、マリオシリーズに手を出したのは、スーパーファミコンのマリオブラーザーズ3からでした。初代はのちのちクリアしたのですが、最初にクリアしたのは3作目の方でしたね。3の特徴としまして、きのこやフラワーなどのアイテムをストックできるという点が印象的ですね。ゴールした時に小さいマリオでも、フィールド画面に戻れば、飛べるマリオや地蔵マリオなどいろいろな姿に出来ました。
最も難しいと評判なマリオ2をプレイした時なんですが、開発者が上級者じゃないとクリアできないという設定にした、といった通りに激ムズな難易度でした。何度も何度も挫折を繰り返しながら進み、ようやくクリア出来た時には、自分もゲーマーの仲間入りだと喜んだのを今でも鮮明に覚えていますね。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

ゲームの可能性 脳を鍛えて将来に生かす

投資ブームがまた過熱気味な現在。テレビや広告で目にしない日はないくらいに株やFXなどの情報は流れています。
そして、ゲームにも「投資」に関するテーマのソフトウェアも存在します。
有名なのが「桃太郎電鉄」「いただきストリート」「シムシティ」でしょうか。
これらのゲームはもちろん投資行動を簡素化してシンプルにしたものですが、投資が成功していけば収益が上がるということを示しているものです。
増資していくことで資金が倍増していく快感。
これはゲームであり、失敗して大損するリスクはリセットしてしまえばいいものですが、現実の投資ではリセットできません。
ただし、要点を抑えたりノウハウを得たり勘を養うことは可能だと思うのです。
他のユーザーよりも先んじて良い物件を買う。
早く優良な増資を行う。
資金管理を怠らない。
そんな管理方法はゲームでも同じことなのです。
他にもゲームでは役に立つ考え方やテクニック、TIPSを提供してくれることもあるので有用だと私は考えています。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

エリーのアトリエ(ザールブルクの錬金術師2)

ガストの錬金術師シリーズの第2弾です。PSで発売されましたが、現在はゲームアーカイブスで販売していますのでPSVITAなどでもプレイできます。
可愛らしいジャケットに目を惹かれ衝動買いしたんですが、これが大当たりでした。
大学に補欠入学し、一人暮らしを始めた私にとって、エリーの境遇がだぶってみえて夢中でプレイしました。
暖かい世界観と斬新な錬金術の調合システム、可愛らしいキャラクターにずっぽりハマり、何ヶ月も繰り返しプレイしてエンディングや図鑑をコンプリートしたのはこのゲームが初めてです。 Continue reading

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類